SOLD
三笘修
NEW
SOLD
三笘修
NEW
SOLD
三笘修
NEW
SOLD
三笘修
NEW
SOLD
三笘修
NEW
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 三笘修
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 三笘修
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 三笘修
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 三笘修
  • 画像をギャラリービューアに読み込む, 三笘修

【三笘修】no.65 灰釉菊唐草文花形皿 

SOLD OUT
単価
あたり 
税込
配送料は購入手続き時に計算されます。

大分県の日田の地で

薄く板状にした陶土を型に押し当てて、成形される三笘さんの仕事。

その事により焼成時に何とも柔らかな表情のゆがみが生じます。

1点1点、材料となる土、石、灰、そして形、焼成に至るまで

まっすぐに向き合い生み出される器たち。

花形の気品に満ちた形に軽妙なリズムで草花の紋様が刻まれ

悠久の時へと誘ってくれるかの様な一皿です。

 

 <商品番号> MO_0065 

<素材> 陶器
<サイズ> H約31mm φ約188mm

 

※1点1点焼き上がりが異なります事、ご了承下さい

      
<お取扱いの注意点>
焼物は大変吸水性の高いものなので新しい乾いた焼物をそのままお使い頂くと
染みや汚れの原因となります。
はじめにお使いになる時は、半日ほど水の中に浸し、
十分に器を湿らせてお使い下さい。
普段はお使いになる前に水通しをして頂く程度で結構です。
また、当方では食洗機や電子レンジのご使用はおすすめしておりません。
柔らかいスポンジに中性洗剤での手洗いがおすすめです。
器が湿った状態で食器棚などの通気性の悪い場所に保管してしまうと、
カビなどの原因となります。
水気を拭き取った後、自然乾燥してからおしまい下さい。

<商品画像について>
自然光の中、実際肉眼で見た状態に近づけて撮影をしておりますが、
モニターや、照明などの環境によって見え方が変わります旨ご了承下さい。